プロフィール

健康まちづくりセンター

Author:健康まちづくりセンター
岡山医療生活協同組合「健康まちづくりセンター」が運営するブログです。医療生協の組合員と「地域まるごと健康づくり」に取り組んでいます。日々の組合員活動や健康づくり、まちづくりの情報を発信致します。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最近の日常

みなさんこんにちわ。健康まちづくりセンターのOです。
朝晩と冷え込んで、仕事終わりに帰宅するとコタツにすぐに入って丸くなる「コタツムリ」になる毎日です(笑)
さて、最近は先輩職員のMさんとフィリピン人の友人(中学校の英語の先生)と岡山駅近くのカフェで英会話の勉強をしています。
日本での日常生活の中で、英語を話す機会は皆無なので、Mさんや私自身も英語を練習するいい機会にしています。
会話の内容は「互いの仕事内容」や「国際情勢」等色々な内容を話すようにしています。
日本人とは異なる外国人の違った角度での意見は非常に参考になります。
先輩職員のMさんは英語の参考書のフレーズを1つ1つノートにびっしりと手書きで書き写すほど真面目で僕には真似できません(笑)
僕の英会話は「文法」で伝えるというより「魂」で伝える英語ですので、こういった真面目な一面を見習わないといけません。
休日には家で「コタツムリ」になって休日を寝て終えるのではなく、外に出てこういった良い勉強をするようにしています。
そして残りあと約1ヶ月で医療生協65周年カーニバルが始まります。事務局の準備もバタバタしており、いよいよ本番になります。皆様12月9日はぜひ西大寺の百花プラザへお越しください!
Lets make our 65th carnival a major success !! (65周年カーニバルを成功させよう!)

*先生の顔写真は恥ずかしいのでごめんなさいとのことです。ご了承ください

長崎
スポンサーサイト

☆BIgnews☆

みなさん、おはようございます。
健康まちづくりセンターのTです。
先週は竜の口ハイキングによる筋肉痛で階段の登り降りが大変で、運動不足を痛感した1週間でした。
また、組合員さんが「ブログを見たよ」とか「いいねしたよ」など声をかけてくれて嬉しかったです(^^)地域担当でなかったらなかなか外に出ることがないですが、ブログで組合員さんと繋がりが出来るんだなぁっと思って感動しました。

そして、「重大ニュースって何?」と聞いてくれて早く更新してねと楽しみに言っていただいた方もいます。

お待たせしました!!

それでは発表します。

なんと、

長年続けてきたあの企画が、、

ついに、、、























スマートライフプロジェクトの

第6回健康寿命をのばそうアワードで

ヘルスチャレンジが生活習慣病予防分野で「厚生労働省健康局長優良賞」を受賞しました!!!

わー!すごーい!素晴らしい!!パチパチパチ

以下、説明します↓↓

スマートライフプロジェクトとは
「健康寿命をのばしましょう。」をスローガンに、国民全体が人生の最後まで元気に健康で楽しく毎日が送れることを目標とした厚生労働省の国民運動です。運動、食生活、禁煙の3分野を中心に、具体的なアクションの他、健診・検診の受診を新たなテーマに加え、更なる健康寿命の延伸を、プロジェクトに参画する企業・団体・自治体と協力・連携しながら推進しています。

健康寿命をのばそうアワードとは
厚生労働省では、平成24年度より「スマート・ライフ・プロジェクト」の一環として、生活習慣病予防の啓発活動の奨励・普及を図ることを目的とした表彰制度の創設しました。 従業員や職員、住民に対して、生活習慣病予防の啓発、健康増進のための優れた取り組みをしている企業などから応募を受け(毎年100~150ほどの応募があります。)評価委員会で審査・選出され厚生労働大臣賞・厚生労働省健康局長賞、厚生労働省保険局長賞が選ばれます。詳しくはスマートライフプロジェクトホームページをご覧ください。http://www.smartlife.go.jp/




全国約2万の企業や団体自治体がスマートライフプロジェクトに登録していて、毎年100~200ほど、このアワードに応募しています。昨年も、応募しましたが惜しくも落選し、今年もリベンジして応募しました。
近年、岡山県下約1万人の方がこのヘルスチャレンジに参加してくれています。そして、いろいろな地域で工夫を凝らしヘルスチャレンジが発展して来ました。
ヘルチャレがきっかけでラジオ体操が14年続いている班や、小学校で「あいうべ体操」を取り組み、インフルエンザの罹患率が減少した地域など、組合員さんがヘルチャレを地域に広げ取り組んでいることが評価され、本当に誇りに思います。組合員さんと職員が試行錯誤しながら一生懸命取り組んだ結果です。ヘルチャレに関わって来た方みなさんに心より感謝します。
頑張って応募して良かったです。

月曜日、授賞式に参加して来ました。
授賞式までリリースを控えて下さいとのお達しがあり、受賞の連絡から3週間…やっと言えました!!

やったー!

今年も岡山医療生協では4700人を超える過去最高の参加人数です。

みんなで健康づくりを頑張りましょう!

岡山県生活協同組合連合会
全体写真

あと◯ヶ月

みなさんこんにちは。健康まちづくりセンターのTです。朝晩と冷え込むようになり、急に秋がやってきた気がします。
今年は、大きな台風もありましたがみなさん大丈夫でしたか?健康まちづくりセンターも少なからず影響を受けました。
さて、今年もあと2ヶ月を切りました。やり残していること、やりたいことを整理して残りの2017年を1日1日大切に過ごしたいと思っています。
そんな11月の初めは、久しぶりに3連休をいただきゆっくり過ごすことが出来ました(^^)
普段は帰りが遅いとなかなかゆっくり作れない料理をしてみたり、紅葉を見に竜の口を登ったりしてストレス発散出来ました!
料理は義母にいただいたいなり寿司が美味しくて自分でも挑戦しましたが、母の味にはまだまだ練習が必要です。今度教えてもらいたいなぁ。
組合員さんもとても料理上手な方が多くて、季節のものを食べる楽しさや美味しさをたくさん教えてもらっています。忙しい中でも日々丁寧に暮らしていきたいと改めて思いました。
そして、あと残り1ヶ月で医療生協65周年記念カーニバルです!!
準備も大詰めです!!これからわくわくすることがたくさん!来週には重大ニュースもあります(^^)
みなさん風邪に気を付けて元気に過ごしましょう!

母と子のタッチケア(赤ちゃんマッサージ)

子育てサポート委員の牧野です。
60歳も過ぎたおじさんですが、なぜか「母と子のタッチケア」の担当をしています。
お母さんのハンドマッサージ~赤ちゃんマッサージ~お母さん同士の会食会、そして専門職員によるミニレクチャーと結構贅沢な内容で行っています。毎回満員御礼状態ですが、赤ちゃんが10ヶ月くらいになると卒業になるため、参加者の入れ替わりは結構あります。
そんなところで牧野はいったい何をしてるの?と聞かれそうですが参加確認や、講師手配、なくてはならないボランティアさんのお願いなど結構忙しいです。ただ、実際の時間では赤ちゃんの「授乳時間」などがあり、席を外さなければなりません。ま、言われるまでもありませんが。
もし、まわりに生後2~3か月くらいの赤ちゃんとお母さんがいたら紹介してください。みなさん続けてこられます。
あと、卒業しても続けてお話しできる場が欲しいといった人にはbabysカフェや子育て快食会なども需要に応じて組合員さんが企画してくださっています。

母と子のタッチケア(赤ちゃんマッサージ)

八名信夫さんと打ち合わせ

お久しぶりです、健康まちづくりセンターのN森です。10/23(月)に65周年記念カーニバルのメイン講師である八名信夫さんと当日の打ち合わせをしてきました。大物俳優との打ち合わせという事で大変緊張しましたが、打ち合わせ場所にお見えになられた八名さんはとても感じの良い方でした。打ち合わせ中「岡山空襲の際、父親の機転で家族全員が助かったこと」や「避難している最中、田んぼで倒れていて遺体と間違われた」など幼少期の話を聞かせていただき、参加者たちは皆話に引き込まれていました。八名さん曰く「当日はもっと面白く感動する話もする」と言われていたので、当日が楽しみです。ぜひみなさんお誘い合わせのうえ、12/9(土)は西大寺の百花プラザへお越しください。


楽しく打ち合わせをする参加者
 | ホーム |  » page top