FC2ブログ

プロフィール

健康まちづくりセンター

Author:健康まちづくりセンター
岡山医療生活協同組合「健康まちづくりセンター」が運営するブログです。医療生協の組合員と「地域まるごと健康づくり」に取り組んでいます。日々の組合員活動や健康づくり、まちづくりの情報を発信致します。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

5月6月はエコ月間

岡山医療生協では5月6月をエコ月間とし、様々な活動をしています。その中でも継続的におこなっているのが、二酸化窒素(NO2)調査です。毎年県南東備の200ヵ所以上の測定をおこない、結果は岡山市との懇談などにも活用しています。
今年も6月6日の18時から7日の18時の24時間測定をおこないます。調査は簡単でだれでもできますので、あなたの家の周りや周辺道路などの測定をおこない空気の汚れを調べてみませんか?

ブログ用写真

申し込み締め切りが5月11日になりますので、大勢の方のお申込みをお待ちしています。
スポンサーサイト

辺野古の海に土砂投入

健康まちづくり―センターの牧野です。
 
辺野古の海に土砂の投入が始まりました。
 専門家の話ではいったん投入された土砂は掘り返して元の海に戻すことはできないとのことです。一方アメリカの海兵隊では辺野古は不評で、滑走路は減るし、津波の心配まででてくる。とのことでした。アメリカにとっては辺野古は安保問題ではなく、日本の国内問題とのことです。
 みなさんご存知のように辺野古の問題は民意(賛成・も反対も)無視の政府強硬が目立ちます。まったく日本の民主主義はどうなっているのでしょう?    
。。。。。。。。。。。。。。。 と、ここまで考えてやっと分かりました。
 もともとそれが狙いなのだと。
 日本のこれまでの歴史から見ても、お上の言うことには素直に従うということが往々にしてあり、今の政権も民主主義という外国向けの世間体よりも、日本人を言うことを聞く国民にしたいのだと、そのために辺野古は強硬され、国会も機能しないほどの国民不在の運営になっているのだということではないでしょうか?
 このままでいいのでしょうか?

檻の中のライオン

ブログの更新が大変遅くなり申し訳ございません。平和環境委員会事務局の〇森です。
先日12月8日に弁護士で「檻の中のライオン」の著者でもある楾大樹(はんどうたいき)先生をお招きして平和のつどいを開催し、77人の参加がありました。
檻を憲法、ライオンを国家権力に例え、立憲主義~ライオンは檻の中へ、国民主権~檻をつくるのは私たち、民主主義~ライオンを選ぶのも私たちなどの内容を途中、人形を使ったりしながら分かりやすく講演してくださいました。

講演後は、毎年恒例の「平和サークルおりづる」によるすいとんが講師と参加者に振舞われました。

メガソーラーの建設と自然環境

 3年目担当者のHです。9/12(水)10:00~12:00にコムコムホール①にて岡山理科大学生物地球学部生物地球学科教授・波田善夫前学長のご講演を頂きました。参加者は29名で、津山から来られた方もいらっしゃいました。
2012年からのソーラー発電の電力買い取り制度により、バブル景気以降急増したゴルフ場が経営不振に伴い、その土地をすべてメガソーラー施設にしたり、荒地や遊休地が対象のはずなのに山林を切り開いてメガソーラー施設にしたりしている、とのご報告をされました。また、バードウォッチングの聖地にもメガソーラーが建設されることとなり、生態系や観光への影響が心配されます。環境アセスメントの対象から除外されている事も初めて知りました。
ソーラー発電施設を山の斜面に建設すると、洪水や土砂崩れが起こる可能性が高くそうです。一方で、山の斜面の土砂崩れを防ぐためには、どんぐりをまいた方がいいそうです。どんぐりから生える樹木は根が深く、土砂崩れを防ぐ効果があり、スギやヒノキは根が浅く土砂崩れを防ぐことができないとの事でした。また、植樹ではあまり根付かず、種から始めなければならないとおっしゃっていました。樹木が水分を吸うことによって河川への水の流出が少ないとも聞きました。
 メガソーラー問題は、不況や情勢の変化が影響しており、一概に誰が悪いと決めつけられないところがあります。ソーラーは環境に優しいエネルギーですし、山林は洪水や土砂崩れを未然に防ぐ効果があります。どちらも並立して存在できるようになってほしいです。


さあ、ランニングで戦争を止めよう!

作家の笙野頼子さんが最近「さあ、文学で戦争を止めよう」という本を出版された。国民に大きな影響を与える作家が
戦争に反対し、平和を呼びかけることを望んでいた私は「待ってました」と快哉を叫けびました。笙野さんは膠原病の
難病で痛みと戦っているのですが、戦争大好き安倍政権と渾身の力で闘っています。
 私はランニングが好きで、走りながら平和を呼びかけています。この10月15日には反核平和ランで岡山市内を
数人で25km走ります。
 ノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロ氏の言葉「分断の時代だが、私たちには人間として感情を共有できる
文学、映画、音楽での芸術がある」との言葉は深い。アべと対極にある考えだ。ノーベル平和賞を受賞したICANの
活動もすごい。そう、私たちには戦争を止める大きな力があるのです。
 | ホーム |  » page top