FC2ブログ

プロフィール

健康まちづくりセンター

Author:健康まちづくりセンター
岡山医療生活協同組合「健康まちづくりセンター」が運営するブログです。医療生協の組合員と「地域まるごと健康づくり」に取り組んでいます。日々の組合員活動や健康づくり、まちづくりの情報を発信致します。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

迎春 

 皆様 明けましておめでとうございます。担当者Mです。
新年最初のブログ担当となり大変恐縮しております。
今年はなんと9連休を頂くことができ、旅行など行ければと考えておりました。
しかし、年末に膝痛を発症、受診すると水が溜まっているとの事!
とりあえず処置を受けて、あまり動かないようにとの指示をもらってしまい自宅安静。
結果的には仕事に支障をきたすことがなかったので良かったかなと思っております。

今年は自分の身体も大事にしつつ健康づくりを推進せねばと感じております。
本年もどうぞ皆様からのご助言、ご支援を頂ければと思います。
健康まちづくりセンター職員共々よろしくお願い申し上げます。
スポンサーサイト



常山城と女軍

先日「健康と生活」の取材のため、灘崎・玉野方面を訪問しました。いろいろな歴史や見どころがありましたが、特に興味を持ったのは常山で、毛利の大群と戦った鶴姫と侍女たち30余名のみなさんの女軍のお話は全く知らない歴史でした。数年前に読んだ「村上海賊の娘」に登場する乃美宗勝という毛利の武将も登場し、小説の世界が一気に近づいた思いで見てまわりました。記事には書けませんでしたが、毛利軍700人の中に34人の女性が突撃し、相手が女性と分かった毛利の兵も迂闊に手をだすことも出来ず、最初はかなりくずされたそうです。とはいえ、多勢に無勢、鶴姫の女軍もだんだんと切り崩されていったとか。最後は鶴姫が宗勝に一騎打ちを挑みますが、宗勝も女性相手に一騎打ちはできないと断り、鶴姫は代々伝わる刀をその場に置き、城に戻って自害したとのこと。地元では毎年常山女軍塚供養祭という祭りも行われているとのことです。常山城跡は地元の方のお話では登れるとのことでした。城跡には女軍の墓34基があるとのことでしたので、登ってみることにしましたが、車一台がやっと通れる道が延々と続いており、時間も遅くなったのであきらめて引き返しました。
「健康と生活」の記事にはその後、「たまの温たまめし」がおいしかったと書いていますが、灘崎のファーマーズマーケットのレンコンコロッケも絶品です。一度食してみてください。
                                                                    牧野 登

小旅行

健康まちづくりセンターのN森です。先日、従兄弟の結婚式出席のため2泊3日で山口県へ行ってきました。結婚式前日には岩国市に立ち寄り錦帯橋と岩国城を見てきました。岩国城は山頂に建てられた山城で、城まで上がるのにロープ―ウェイを使いました。結婚式の次の日には、呉市にある大和ミュージアムを見学、奇しくも12月8日は太平洋戦争の開戦日という事で、多くの人で賑わっていました。会場では、展示物を見ながら、私が平和について祖父から語り継いだものを子どもにも伝える事が出来た有意義な旅でした。

写真は岩国城の天守閣から見た錦帯橋です。

癌サロンの友人たち

縁あって“がんサロン”のお手伝いをしています。私自身が癌と分かってから11年、その1年後から始めているので、もう10年も続けています。
 今も癌と闘っている人、克服した人、最愛の人を亡くした人などさまざまな人と出会いました。サロンで知り合って亡くなった人も7人いらっしゃいます。すこし紹介させてください。
 Tさんはサロンの発起人です。サロンの道筋ができたところで亡くなりました。
 Aさんは余命6ヶ月と言われながら2年くらいがんばった人。本当に癌なのかと思うくらい前向きな人でした。市内の公民館で自身が主催のがんサロンを立ち上げてから亡くなりになりました。
 Eさんは働きながら差別的待遇と闘っていました。職場の規約を変え、自身は退職し、すぐ亡くなりました。
 Nさんは勉強家、サロンでもアドバイザー役でした。延命治療はしないと宣言し、最後は緩和ケアの病棟で亡くなりました。
 Kさんは左足骨肉腫で常に痛みと戦う人でした。趣味は自転車、写真、エッセイなど。始めての参加は灘崎から自転車でした。深山公園で遊ぶ家族のDVDと、亡くなる前にエッセイ集を完成されました。(どちらも素晴らしい透けるような作品です)
 Cさんは私と同じ多発性骨肉腫の人。「牧野さんが頑張っとるうちは私もがんばるけえな。」といつも励まし合っていました。他の病気を併発し亡くなりました。
 Mさんは癌の啓発活動に命を賭けた人。健診推進活動や禁煙運動を進めていましたが、志なかばで亡くなりました。今はご主人が運動の後を継いでいます。
 みなさん自分というものをしっかり見つめ、死への恐怖を表に出すことなく自分の立場からしっかりと生き抜いた人たちでした。私もこれからどんな生き方を選択したものか考えさせられるみなさんです。
  がんサロン「たんぽぽカフェ」は毎月第3水曜日 午後2時から
         「赤坂ひろば」は毎月第3火曜日 午後2時から  おこなっています。
 会場やその他の問い合わせは健康まちづくりセンターの牧野までお願いします。

ハヤシライス

 ずいぶん前のお話しです。第2回か3回の平和のつどいで、倉敷の長瀬隆さんをお招きしたことがあります。長瀬さんは戦時中通訳として、泰麺鉄道の建設にかかわり、戦後は日本に見捨てられた日本人や英国捕虜の方の遺骨収集などを行ってきた人で、日本とタイの架け橋にも大きな功績を残された方でした。(赤裸々なお話しに反感を感じる方もいらっしゃいますが)
  さて、平和のつどいです。  当時委員会のメンバーであった私は運転手として倉敷まで長瀬さんを迎えに上がりました。風邪気味だった長瀬さんは途中一軒の喫茶店に寄り、「ここのハヤシライスをたべたらいっぺんに元気になるよ」と私にもハヤシライスを御馳走して下さいました。ちょっと玉ねぎが歯ごたえがありましたが美味しかったです。
  先日久しぶりにこの喫茶店におじゃましました。「長瀬さんにはずいぶんひいきにしていただきました。」とのこと。今もメニューにはハヤシライスはあるそうでした。・・・この日私はモーニングを食べました。

thumbnail_KIMG0046_20170609224351.jpgthumbnail_KIMG0045_20170609224338.jpg
 | ホーム |  » page top