FC2ブログ

プロフィール

健康まちづくりセンター

Author:健康まちづくりセンター
岡山医療生活協同組合「健康まちづくりセンター」が運営するブログです。医療生協の組合員と「地域まるごと健康づくり」に取り組んでいます。日々の組合員活動や健康づくり、まちづくりの情報を発信致します。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ありがとう 駅元診療所&大野辻クリニック がんばろう!パーティー

駅元お別れ会1


11月19日(土)オルガホールにて「ありがとう 駅元診療所&大野辻クリニック がんばろう!パーティー」を実施しました。

初代所長 水落医師から大衆診療所時代の苦労話やよもやま話を聞き、新しい土地で大野辻クリニックを成功させようと決意を強くしました。

歴代の所長や事務長、大野辻クリニックに関わってきた地域の組合員30名程度で集まり、和やかに行うことができました。



岡本
スポンサーサイト



軍艦島に行ってきました

仕事 介護 家事に追われる50代
健康まちづくりセンター職員の岡村です
自宅を離れて気分転換をしたくなり、時間もお金も少し無理をして出かけてきました。

ハウステンボスの夜景メインの計画だったのですが
(もちろん魅力的 ワインもチーズも美味しかった)

思い付きで立ち寄った軍艦島に心を打たれ、皆さんにお伝えしたくなりました。

滑り込みセーフで船に間に合い、「世界遺産 世界遺産」と観光気分満々の私。

ガイドさんのお話を聞くうちに、昭和の時代のエネルギー政策に翻弄され、炭鉱が閉山。
故郷を離れざるを得なかった当時の住民の皆さんのことを思うと何とも言えない気持ちになったのです。
時代は石炭から原子力になっているわけですが、国のエネルギー政策に振り回されているのは
平成の世でも同じこと。故郷に帰れない福島の方々と何かしら共通点を感じるのです。

軍艦島が日本の未来であるとすれば、それはもう本当に二度とあってはいけない ということで世界遺産なのかもしれません。

岡山にある長島愛生園を世界遺産にとの動きがあると聞いています。
地元に暮らす者として、何かお手伝いできることがないものだろうか・・と
いろいろな思いが広がるところが旅の良いところです。

長崎

いろんなイベントが盛りだくさんです

こんにちは!
山口です。

11月は各地域や事業所で健康まつりなどのイベントや旅行などの企画が盛りだくさんです!!
僕もいろいろと忙しく充実した日々を送っています。

「今日もがんばったなぁ」と職場を後にしようとすると。。。


毎回職場によく来る猫がすり寄ってきます。



マイペースのようですが、自分を貫く姿勢を見習いながら年末のりきります!



#チョットマエソラ
ソラを見上げて深呼吸してみましょう

がんサロン「たんぽぽカフェ」公開講座

地域「がんサロン」に参加している関係で、近くの大学の看護学生さん60人くらいを前にお話する機会をいただきました。働く癌患者の立場から「寄り添う」というテーマでしたが、組織担当という仕事がら「憲法と医療保険制度」を大切にしていきたいという話になってしまいました。2つともとても新鮮な話だったとの感想をいただきました。普段「憲法」や「医療保険」などあまりふれることはないそうでした。
あわせて日本では大変遅れている癌文化のお話をさせていただきました。日本では癌患者や障害者の方を社会的弱者という言い方が定着しています。経済的には弱者にならざるをえませんが、欧米の文化では癌患者はそれなりに尊敬されています。「あなたは立派に癌と闘っている、もしくは癌を克服した。」という意味で尊敬されています。障害者も同様です。
心配なことがあります。障害者や癌患者といった人たちが国の経済を圧迫する邪魔な存在という考え方が今の政権の元、すすめられており、日本が誤った方向に向かおうとしていることです。憲法25条は生活に困っている人のためにあるのではなく、すべての日本人のためにあります。25条と13条があるから、あなたもわたしも生まれたばかりの赤ちゃんも、病気で苦しんでいる人も、日本人すべてが最大限幸せになろうとすることを国が保証し、安心して暮らして行けるのだということ解って欲しいなあ。



多くの人が参加した2016いのち輝け!虹のアクション

ブログの更新が遅くなり申し訳ありません。健康まちづくりセンターのN森です。

昨日12日に「2016いのち輝け!虹のアクション」が開催され、今年は昨年までの石山公園~岡山駅前のコースから大供公園~岡山イオン前をパレードしました。主催者発表では280名の参加ということで、今年も大規模なパレードとなりました。
出発前には様々な団体からアピールが行われ大いに盛り上がりました。



来年も多くの方のご参加をお待ちしております。

 | ホーム |  page top