FC2ブログ

プロフィール

健康まちづくりセンター

Author:健康まちづくりセンター
岡山医療生活協同組合「健康まちづくりセンター」が運営するブログです。医療生協の組合員と「地域まるごと健康づくり」に取り組んでいます。日々の組合員活動や健康づくり、まちづくりの情報を発信致します。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

メガソーラーの建設と自然環境

 3年目担当者のHです。9/12(水)10:00~12:00にコムコムホール①にて岡山理科大学生物地球学部生物地球学科教授・波田善夫前学長のご講演を頂きました。参加者は29名で、津山から来られた方もいらっしゃいました。
2012年からのソーラー発電の電力買い取り制度により、バブル景気以降急増したゴルフ場が経営不振に伴い、その土地をすべてメガソーラー施設にしたり、荒地や遊休地が対象のはずなのに山林を切り開いてメガソーラー施設にしたりしている、とのご報告をされました。また、バードウォッチングの聖地にもメガソーラーが建設されることとなり、生態系や観光への影響が心配されます。環境アセスメントの対象から除外されている事も初めて知りました。
ソーラー発電施設を山の斜面に建設すると、洪水や土砂崩れが起こる可能性が高くそうです。一方で、山の斜面の土砂崩れを防ぐためには、どんぐりをまいた方がいいそうです。どんぐりから生える樹木は根が深く、土砂崩れを防ぐ効果があり、スギやヒノキは根が浅く土砂崩れを防ぐことができないとの事でした。また、植樹ではあまり根付かず、種から始めなければならないとおっしゃっていました。樹木が水分を吸うことによって河川への水の流出が少ないとも聞きました。
 メガソーラー問題は、不況や情勢の変化が影響しており、一概に誰が悪いと決めつけられないところがあります。ソーラーは環境に優しいエネルギーですし、山林は洪水や土砂崩れを未然に防ぐ効果があります。どちらも並立して存在できるようになってほしいです。


スポンサーサイト

第1回おかやま健康づくりアワード受賞!!

みなさん、こんにちは(^^)
ある表彰式に行って来ました。それは何かというと岡山県主催の「第1回おかやま健康づくりアワード」です。
職場部門と地域部門の二つの部門があり、岡山県生協連で取り組んでいるヘルスチャレンジが昨年の厚生労働省スマートライフプロジェクトに引き続き岡山県からも表彰されました。
地域部門は55団体から応募があり、その中から5団体が受賞しました!みんなで取り組んだ健康づくりが評価され、また記念すべき第1回に受賞出来たことをほんとに嬉しく思います。
岡山県は9月を「健康づくり月間」として取り組みます。今年のヘルスチャレンジは新しくウェブサイトからも参加できるようになりました。ぜひたくさんの人を誘ってみんなで健康づくりをはじめませんか?

 | ホーム |  page top