FC2ブログ

プロフィール

健康まちづくりセンター

Author:健康まちづくりセンター
岡山医療生活協同組合「健康まちづくりセンター」が運営するブログです。医療生協の組合員と「地域まるごと健康づくり」に取り組んでいます。日々の組合員活動や健康づくり、まちづくりの情報を発信致します。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

男の介護教室

健康まちづくりセンター 新田です。
入社して間もなく4か月が経とうとしています。

組合員さんや職員と話す中で、よく聞く言葉だが、
あまり理解できていなかった「オーラルフレイル予防」
先日、ちょうど口腔リハビリテーションの研修があるとのことで学びに行ってきました。

研修内容がとても充実し、初めて知る事が沢山あり
刺激的な時間となりました。

そこで、コレ、岡山でもできたら素敵かも!!
と思ったことをご紹介いたします。

東日本大震災以降、宮城県石巻でのボランティアを経て発災の約1年後に
石巻雄勝へ引っ越し、歯科医を開業した河瀬先生のお話しです。

実は、私もその当時以前勤めていた会社が栃木県にあり
発災後3年間、週末は石巻へ行き活動をしていました。
私がやっていたことは、主にがれき撤去や仮設訪問し、一人暮らしの方のお話し相手になる等でしたが
河瀬先生もまた、同じ時期に同じ場所で、別の活動をされていました。

そして、発災直後でも、医科歯科両方、すぐに現地入りする必要性の高さを分かりやすく説明頂き
そこの活動から、「男の介護教室」なるものを開校したとのこと。

なぜ、男性だけなのか?

私も入社して感じたのですが、女性の組合員さんは多いが
男性が極めて少ないなぁと。
特に男性は会社の中で生きてきた人が多いため
女性よりも退職後地域とのつながりが比較的乏しい場合が多く
行き場が分からず、家にこもってしまいがちだったり
社会人経験を生かす場があった方が良いのではなりだろうか?
と気になっていた。

男の介護教室では、
「参加しやすいプログラム内容」
お揃いのエプロンをつけることにより、「男同士のつながりが強化」
「男性同士で分からないことを聞きやすい環境」

を作ることにより、下記のような効果があった。

「孤立の緩和」 「専門職とのつながり強化」 「自身の介護技術の向上」

言葉で書いてしまうと、少々固くなってしまいますが、
参加されている方は、本当に楽しそうに過ごされている映像を
拝見いたしました。

機会があれば、こういう内容のことを
今後、健康まちづくりセンターで取り組んでいけたらなぁ
と、考えています!

みなさま、寒いので、風邪ひかないようにお過ごしください!





スポンサーサイト



コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2019-02-20 21:18 | # | [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |  page top